語彙力を上げる方法…その大切さと伸ばすための勉強法

学習・教育
そもそも、語彙力とは? 英語を学ぶ上で、まず大切なのは英単語を覚えることですよね。同じことが国語についても言えます。国語力・読解力をつける上で欠かせないのは、語彙(ごい)力です。

語彙力とは、どれだけたくさんの単語(言葉の意味)を知っているかということです。ことわざや四字熟語、「目にあまる」などの慣用表現を知っていることも語彙力に含まれます。

英語の長文では、知らない単語が5%以上あると、文章全体の意味がよく理解できないそうです。20語に1語の割合ですから、これを多いと見るか少ないと見るかは別としても、国語でも、やはり同じようなことが言えます。

どうして語彙力が重要なの? 光村図書出版の国語の教科書には、井上ひさしの「握手」という題材が掲載されています。その中に「だが、顔をしかめる必要はなかった」という一文があります。

「しかめる」とは、「痛みや不快な気持ちから、表情をゆがめること」です。いつもはものすごい力で握手をするルロイ修道士が、その時は穏やかな握手をしたので、顔をしかめる必要がなかったわけです。

魯迅著/竹内好訳の「故郷」では、「覚えず寂寥(せきりょう)の感が胸に込み上げた」という一文があります。「寂寥」とは、「ものさびしい気持ち」ですから、20年来の故郷を見て、なつかしい気持ちではなく、さびしい気持ちになったのです。問題集は読め!0からわかる中学・高校のテスト勉強

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
イースト、辞書アプリDONGRI「マルチプラットフォームライセンス」を開始

イーストは14日、文教市場を中心に展開する辞書アプリ「DONGRI」で、辞書コンテンツの1ライセンス …

学習・教育
大阪府【高校受験2020】大学入試改革の影響と合格への近道

 2020年度の大阪府公立高校入試が実施される2020年3月11日まで100日余りとなった。大阪府公 …

学習・教育
浪速中高、『すらら』軸にしたICT三本柱で相乗効果

【PR】 組み合わせで相互補完する三本柱 ICT教育には、指導業務や学習の効率化などさまざまなメリッ …