評価クラウドツールへの初期セットアップを無償で行う「評価クラウド楽々スタートキャンペーン」開始―Sharin

資格・スクール
評価クラウド楽々スタートキャンペーン

 現在、Excelや紙の評価シートを使って評価制度を運用している企業が、クラウドサービスでの評価制度へ移行するには、現行の評価シートや評価プロセス(評価経路)の内容を整理して要件をまとめた後に、利用する評価クラウドサービスでできることを理解し、まとめた要件をクラウドサービスにセットアップする必要がある。

 担当者は、本来の業務を行いながらクラウドサービスへの移行作業を行うケースも多く、担当者の作業負荷の増大やクラウドへの移行作業に時間がかかるケースが多かった。

 「評価クラウド楽々スタートキャンペーン」では、評価シートや評価プロセスの初期セットアップをSharinが代行して作業することで、初期セットアップ作業に時間がとられることなく、スムーズにクラウドサービスでの評価制度の運用を始められるようにするキャンペーン。評価シートや評価プロセス(ワークフロー)の作成作業も含め、初期費用は無料となる。

 同社の評価ツールは、企業が独自に定義した評価シートの評価項目や評価プロセスを、そのままクラウド上で再現できるツールで、可能な限り現行の評価制度の仕組みをクラウド上で運用することを目指している。

 評価シートの項目は自由に設定できるため、自社の評価制度/評価プロセスに合わせたカスタマイズは不要で……(中略)…… 期費用をかけずに導入可能なのが特徴となる。

 月額利用料は、1ユーザーあたり600円。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
宅建勉強のスケジュール!合格できない理由と注意点

<!– –> 模擬試験を受けなければ宅建試験に合格できない? 学 …

資格・スクール
子供向けプログラミング体験イベントを9月15日に福島ロボットテストフィールドで開催

TEPIA先端技術館(東京都港区)は、9月15日(日)に、ロボット、ドローンをはじめとしたプログラミ …