英語教員のスキルアップ支援「FLTAプログラム奨学生」8/31まで募集

学習・教育
 日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は、日本在住で日本国籍を有する英語教員などを対象とした「2019年度フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム」奨学生の募集を開始した。2018年8月31日まで応募を受け付ける。

 FLTAプログラムは、米国の大学で1学年間(9か月)日本語を教えながら、各学期に米国研究や教授法についてのクラス2コースを受講することができるプログラム。英語教育スキルや自身の英語能力の向上、米国の文化や習慣についての知識を深め、帰国後に習得した英語教育スキルや知識を教育現場に還元することが期待されている。

 FLTAでは、日本の文化や価値観を理解してもらうため、大学のサークルや近隣地域住民との交流を推進することも目的の1つとしており、参加者には大学での学びに加え、カルチャーイベントや日本語クラブの企画・運営などの活動が求められる。

 奨学生としての支給内容は、履修する科目の授業料(各学期2コース)や給付金、大学から提供される宿舎・食事、往復旅費(現物支給)、フルブライト・グループ保険(傷害・疾病)、現地でのオリエンテーションやエンリッチメントカンファレンスへの参加など。詳細は派遣大学により異なる。

 応募資格は、日本在住で日本国籍を有する英語教員・英語教員免許保持者、または将来英語教育に携わる意志のある者。201……(中略)…… 9年8月~2020年5月)派遣大学:2019年春決定※応募資格や応募方法など詳細はWebサイトで確認できる

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2019】杏林大医学部で出題ミス、2名を追加合格に

 杏林大学は2019年2月14日、同月1日に実施した2019年度(平成31年度)医学部医学科一般入学 …

学習・教育
約6割が「AIによる暮らしの利便性向上」を期待、ジャストシステムFastask調べ

ジャストシステムは14日、同社の情報サイト「Marketing Research Camp(マーケテ …

学習・教育
都内公立校の働き方改革、学校サポートの新財団を設立

 東京都教育委員会は2019年2月14日、「学校における働き方改革の成果と今後の展開」をWebサイト …