英語で謎解き「MYSTERY HUNT in 横浜」学校向けに提供

学習・教育
 インバイトジャパンは2019年1月22日、街歩き謎解きチームビルディング「MYSTERY HUNT in 横浜」を学校向けに新発売した。修学旅行・校外学習で英語を学びながら横浜の歴史・文化に親しむことができる。価格は1人4,000円(税別)~。

 「MYSTERY HUNT in 横浜」は、横浜の歴史や文化に触れながら日本語と英語のバイリンガルでチームビルディングができるプログラム。今回、これまで企業向けに提供してきたプログラムを、学校で習得した英語を楽しみながら実践で使うといった内容にリニューアルし、新発売した。

 街歩き謎解きチームビルディング では、横浜の街(山下公園・港の見える丘公園エリア)の至るところに謎を仕込み、生徒は5~8人程度のグループに分かれ、グループごとに異なるルートを辿りながら謎を解き明かす。プログラムはすべて英語で提供しており、謎を解くには教室で学んだ英語を実践しなければならない。友達同士で力を合わせ、英語を使って謎を解き明かすことで達成感を共有することができるほか、問題解決する思考力と発想を実践する行動力が身に付く。

 価格は、1人4,000円(税別)~。申込みや問い合わせは、電話またはメールにて受け付けている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

……(中略)…… p>

 価格は、1人4,000円(税別)~。申込みや問い合わせは、電話またはメールにて受け付けている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …

学習・教育
イースト、辞書アプリDONGRI「マルチプラットフォームライセンス」を開始

イーストは14日、文教市場を中心に展開する辞書アプリ「DONGRI」で、辞書コンテンツの1ライセンス …

学習・教育
大阪府【高校受験2020】大学入試改革の影響と合格への近道

 2020年度の大阪府公立高校入試が実施される2020年3月11日まで100日余りとなった。大阪府公 …