若者のSDGs参画へ…18歳以下クラウドファンディングで中学生タッグ

学習・教育
 クリスタルロードは運営する18歳以下専用クラウドファンディング「Crystalroad」において、SDGsを活用した課題発見プロセスの開発に取り組む中高生団体「Sustainable Game」との提携を発表した。ともに中学生が代表を務める2団体がタッグを組み、若者のSDGs参画を推進する。

 クリスタルロードは、年齢やお金を理由に「今」をあきらめなくていい社会を作ることをビジョンに掲げ、世の中の常識・固定観念を変えることミッションに2018年12月に設立。中学生の加藤路瑛さんが取締役社長、母親の加藤咲都美さんが代表取締役という親子起業というスタイルで、18歳以下専用クラウドファンディング「Crystalroad」や、小中高生のための職業探究Webメディア「TANQ-JOB」などを運営している。

 一方、SustainableGame(サステナブルゲーム)は2019年5月に発足し、現在11名の中高生で活動を行う団体。団体名には「すべての人が『誰1人取り残さない世界を作るゲームのプレイヤー』として、これからの社会を変えていこう」という意味が込められており、SDGsを活用した課題発見ゲームの開発・実装や「Z世代のためのプレゼンコンテスト」などのコンテンツの開発と実施、Facebook上のオンラインコミュニティー「SDGs NetworkU-18」の運営などを行なって……(中略)…… ながら、社会課題に取り組む若い世代と企業を繋ぎ、資金面、人材面などの援助体制の構築を推進したいとしている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …