花まるラボ、アプリ教材「究極の立体」シリーズ第1弾の配信開始

学習・教育

花まるラボは17日、iOS/Android向けアプリ教材「究極の立体」シリーズ第1弾の配信を開始した。

第1弾は、「究極の立体《切断》」で、中学入試算数の頻出分野である「立体の切断」を楽しみながら習得できる学習アプリ。

高度なイメージ操作力を問われることから、苦手とする子どもが多い「立体の切断」だが、このアプリがあれば「誰でも身に付けられる」ようになるという。

立体を画面上に再現できるのは、同アプリだからこその強み。授業や紙でイメージできなかったものも、3次元で捉えて、自分で回転させ、切断できるため、イメージができる。

立体の切断では、「同一平面」「平行」「延長」という3つの原則で、中学入試に出題されるどんな断面も作図できる。この原則に沿った3つのボタンを使って問題を解いていく設計になっており、反復練習で徹底的にマスターできる。

立体の切断は、中学入試の頻出分野で、難関校でも毎年のように出題されるが、同アプリでは10年分の中学入試問題を徹底分析。頻出から難問まで100問を網羅的に収録しており、ほとんどの典型的な出題をカバー。

同アプリは、定価5000円(税込)だが、リリースセール期間中は40%OFF の3000円(税込)で販売。

また、期間限定で、購入者特典としてアプリに収録され……(中略)…… tp://www.hanamarulab.com/" target="_blank">花まるラボ

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【本のプレゼント】ディズニー はじめてよむ プログラミングの本

KADOKAWAの提供で、プログラミング知育本『ディズニー はじめてよむ プログラミングの本』を、読 …

学習・教育
システムフォレスト、「農大・農高連携によるスマート農業実証」業務を受注

システムフォレストは12日、「農大・農高連携によるスマート農業実証」の業務を7月25日に受注したと発 …

学習・教育
高校生の就活、60%が「自分に合った会社が見つかるか」不安 =ジンジブ調べ =

高校生の就職支援と採用支援を行うジンジブは12日、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」に来た高校生 …