自宅でロボットプログラミングを学べるオンライン講座5/13開講

学習・教育
 東京のプログラミング教室「世田谷ハツメイカー研究所」は2019年5月13日、自宅でmBotを使ったロボットプログラミングを学べる「wwwハツメイカー研究所」を開講する。受講費は全4回で4,320円、教材ロボット費は1万6,740円(いずれも税込)。

 「www(ワールドワイドウェブ)ハツメイカー研究所」は、小学4年生から6年生を対象としたオンラインプログラミングスクール。地方在住者など家の近くにプログラミング教室がない子どもでも、パソコンとインターネット環境があれば、MakeblockのmBotを使ったプログラミングを自宅で学ぶことができる。

 第1期は5月13日から6月3日まで、毎週月曜日の午後5時から45分間、入門講座を全4回の日程で開講。十字キーコントロールの学習から始まり、光センサーで部屋の明るさを測ることや、超音波センサーで障害物を避けることなどを学び、最終日にはタイルコースゲームにチャレンジする。

 受講費は全4回で4,320円、教材ロボット費は1万6,740円(いずれも税込)。教材ロボット費には、mBot(Bluetooth Ver)とBluetoothDongleが含まれる。すでにmBotを持っている場合は応相談。第1期生特典として送料無料となるが、離島在住者は別途送料500円が必要となる。受講申込はWebサイトにて受け付けている。<……(中略)…… ,740円、合計2万1,060円(いずれも税込)

◆mBot Solving Maze Game

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
LINE、宮城県教委などと共同開発した「みやぎ情報活用ノート」を公開

LINEは、宮城県教育委員会および仙台市教育委員会と情報活用能力育成のための教材「みやぎ情報活用ノー …

学習・教育
イースト、辞書アプリDONGRI「マルチプラットフォームライセンス」を開始

イーストは14日、文教市場を中心に展開する辞書アプリ「DONGRI」で、辞書コンテンツの1ライセンス …

学習・教育
大阪府【高校受験2020】大学入試改革の影響と合格への近道

 2020年度の大阪府公立高校入試が実施される2020年3月11日まで100日余りとなった。大阪府公 …