給与だけでなく就業のミスマッチが在外日本人の帰国就職における課題と判明―ヘイズ

資格・スクール

 「2019年ヘイズ在外グローバル人材レポート」は中国、香港、日本、マレーシア、シンガポールの5つの国と地域に居住する求職者と企業を対象に在外グローバル人材採用に関する調査を実施し、その結果をまとめたもの。アジア全体では2185人が回答し、うち日本では182人が回答した。

 日本人からの主な回答としてヘイズは、下記を挙げている。

海外での留学や就業の経験を持つ在外グローバル人材に対し、「帰国後初の就業先の給与について、どのような期待を抱きましたか」との質問に対し、58%が「海外就業時の給与を上回る待遇」と回答。23%が「海外就業時と同等の給与」、19%が「現状を下回る給与で受諾」と回答。 グローバル人材の日本での求職活動においては61%が「適切な就業機会の不足」と回答、45%が「報酬が希望と合致しない」、39%が「国内の求人市場に慣れていない」と回答。 一方で、47%の日本企業が在外グローバル人材に対して現地人材を上回る給与を支払うことに消極的であると回答。「最大で10%まで」割増すると回答した企業は23%、「11%から25%」の間で割増すると回答した企業は21%。 在外グローバル人材採用にあたり……(中略)…… ンに話し合うことを勧める。そうした施策によってこうした人材の国内回帰が進む可能性もある」

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
【 秋のおでかけイベント開催 】

中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)が運営するロボット製作×プログラミング×STEM …

資格・スクール
採用マーケティングツール「HITO-Link CRM」を発表、初心者でも転職潜在層へアプローチできるよう支援―パーソルプロセス&テクノロジー

 採用マーケティングとは、自社の戦略に基づいた「採用ターゲットとなる人材」にとって魅力となる自社の情 …

資格・スクール
オンライン完結型インターン“MISSION”を公開、開発課題をクリアしたエンジニアにアプローチできる―TechBowl

 「TechTrain」は、現役社会人ITプロエンジニアがメンターとして指導してくれる点が特徴のエン …