約6割が「AIによる暮らしの利便性向上」を期待、ジャストシステムFastask調べ

学習・教育

ジャストシステムは14日、同社の情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・ キャンプ)」がまとめた「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2018年総集編【トレンド版】」を発表した。

それによると、AIの発達による「暮らしの利便性向上」について、「期待している」人は 60.7%、「どちらともいえない」と思う人は23.3%、「期待していない」人は12.9%だった。

「期待している」人の割合について年代別にみると、10代(61.0%)、20代(64.0%)、30代(59.0%)、40代(57.0%)、50代 (63.0%)、60代(60.0%)で、いずれの世代でも6割前後の人が期待している。

時短や省エネにもつながる「AI家電」について、「ぜひ購入したい」人は10.1%、「興味が あり、購入を検討したい」人は26.8%で、合計すると36.9%の人が購入に前向きだった。

「興味はあるが、購入したいとは思わない」人は25.0%、「興味がない」人は21.6%で、すでに「所有している」人は4.5%。

医療現場でのAI活用に「期待している」人に、AI活用で早期に実現してほしいことを聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「医療費の負担軽減」(42.6%)で、次いで「……(中略)…… rget="_blank">「Marketing Research Camp」自主調査レポート

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …

学習・教育
デジハリ、「近未来教育フォーラム2019 in Real Time」11月28日開催

デジタルハリウッドは「近未来教育フォーラム2019 in Real Time」を11月28日に東京・ …

学習・教育
大阪市「中学生チャレンジテスト(3年生)」平均下回る

 大阪市教育委員会は2019年10月16日、2019年度「中学生チャレンジテスト(3年生)」の結果概 …