約40%の中学生が英語を「嫌い」その理由は?

学習・教育
 母親の99%が子どもに英語を喋れるようになってほしいと思っているのに対し、約40%の中学生が英語を「嫌い」と回答していることが、セガトイズが2019年8月2日に発表した調査結果より明らかとなった。

 「中学生の英語教育に関する実態調査」は、全国の中学1・2年生の子どもとその母親600名を対象に実施したもの。調査期間は7月27日から28日。

 母親を対象に子どもに英語を喋れるようになってほしいと思うか聞いたところ、99%が「はい」と回答。その理由として、約70%の母親が「仕事の選択肢が広がると考えるから」と回答。そのほか、「将来、英語で困ってほしくないから」「グローバル化が加速すると思うから」「自分が英語を喋れずに苦労したから」などが続いた。

 一方、子どもを対象に英語を好きか聞いたところ、38.8%が「いいえ」と回答。その理由として、約半数の子どもが「英語の授業が理解できずについていけない」と回答。そのほか、「楽しくないから」「今の生活においては必要性を感じないから」「英語を話したり、使ったりするのは恥ずかしい」「将来的にも現在も必要性を感じないから」などが続いた。どのタイミングで英語を嫌いになったかという問いでは、50%以上が「学んでいく過程で」と回答した。

 英語が好きと答えた子どもを対象に、英語とどのように接してきたか聞いたところ、……(中略)…… 「校外学習(英語教室など)」「洋楽や洋画を通して」「友人、知人を通して」「ゲームを通して」などがあがった。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …

学習・教育
トビタテ!留学JAPAN、第12期に1,100人応募

 文部科学省は2019年10月17日、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プロ …