筑波学院大、小学生から社会人対象「英語スピーチコンテスト」

学習・教育
 筑波学院大学は2018年10月27日、小学生から社会人を対象とした「第6回英語スピーチコンテストKVA CUP」を開催する。応募締切は9月15日。参加申込書と予選課題の音声データをメールに添付して応募する。

 「英語スピーチコンテストKVA CUP」は、国際都市であるつくば市において、小学生から社会人までの英語コミュニケーション能力を育成することが目的。2013年に筑波研究学園都市50周年記念行事として初めて開催され、今回で6回目を迎える。大会は、茨城県教育員会、つくば市教育委員会、英語交流連盟、英語検定協会、茨城新聞社が後援。JTB、エイチ・アイ・エスが副賞を提供する。

 参加者を募集しているのは、「小学生の部」「小学生帰国子女・マルチカルチャーの部」「中学生の部」「高校生の部」「大学生・社会人の部」の5部門。毎年多くの応募者が集まることから、今回より「大学生・社会人の部」以外の4部門では音声データによる予選を行う。

 「小学生の部」は詩の朗読でプレゼンテーション能力を発揮する。「小学生帰国子女・マルチカルチャーの部」はテーマ課題に沿ってスピーチ、「中学生の部」は事前に発表されたテーマに沿って自分の考えを述べる。「高校生の部」ではテーマに沿ったスピーチをしたあと、会場審査員による質問に答える。「大学生・社会人の部」は、当日約25のテーマから抽選で1つ……(中略)…… 送信する※「中学生の部」「高校生の部」は学校ごとにまとめて応募を受け付ける※詳細はWebサイトで確認できる

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
大阪市「中学生チャレンジテスト(3年生)」平均下回る

 大阪市教育委員会は2019年10月16日、2019年度「中学生チャレンジテスト(3年生)」の結果概 …

学習・教育
日本教育工学会、教育の情報化を考えるワークショップ、12月21日開催

日本教育工学会は、教育の情報化ワークショップ「ICT? EdTech ? テクノロジーは子どもの学び …

学習・教育
高校受験までのスケジュールと勉強計画の立て方

<!– –> 高校入試日程を確認し、受験対策スケジュールを立てよ …