第二新卒で本当に転職してくる人、入社後に活躍してくれる人を見極めよう

資格・スクール

 筆者は第二新卒採用に関わって久しい。第二新卒の中でも優秀層に関わってきているが、転職支援の実績を上げることの難しさを感じる。今回は第二新卒層の転職について、特に転職引き留めの部分についてお話ししていきたい。なお、想定される読者は、「第二新卒層を採用しているが、トヨタやマッキンゼーのようにネームバリューがトップクラスというわけではない企業」の採用担当としている。

著者のKei氏が運営するサイト「転職の神」もあわせてご覧ください

採用に苦労する第二新卒

 第二新卒の採用に関わっている方は、第二新卒特有の課題を感じているのではないだろうか。新卒よりも優秀層にタッチできると感じているが、内定を出しても入社してもらえないケースがあるなど苦労も多い。また、第二新卒はポテンシャル採用であることが多く、職歴によるスキルを見て採用するパターンはほとんどないように思う。

 では、なぜ優秀なクラスに分類されている第二新卒は、内定を出しても入社してくれないのか。その原因について考えていきたい。

第二新卒の転職パターン

 第二新卒の転職パターンには大きく2つある。「リベンジ転職」か「現職を辞めたい」かのどちらかだ。それぞれ見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけ……(中略)…… どちらかだ。それぞれ見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
『接客ブートキャンプ+plus』研修をスタート1日9時間で完成された接客力や対人対応力を身に付ける

企業やセミナースクールでビジネスマナーや接客接遇マナーの研修を行っているFINEST株式会社(所在地 …

資格・スクール
Forkwellに求人企業がエンジニア候補者にプロフィールの追加をリクエストできる機能を提供―grooves

 「もっと知りたい!機能」を追加した背景として、同社はForkwellに登録しているプロフィール情報 …