第一種奨学金と第二種奨学金、その違いは?

学習・教育
日本学生支援機構「第一種奨学金」と「第二種奨学金」 最も多くの学生が利用している日本学生支援機構の奨学金の内容について解説していきます。

前回の記事でも書きましたが、日本学生支援機構(JASSO)は2004年に設立された独立行政法人です。それまで国の奨学金事業を運営してきた日本育英会が廃止されるとともに、奨学金事業を引き継ぎました。

つまり、日本学生支援機構の奨学金は公的な国の制度であり、無利子または有利子での貸与型の奨学金となります。

日本学生支援機構では、

無利子の奨学金を「第一種奨学金」 有利子の奨学金を「第二種奨学金」 と呼んでいます。

そもそも奨学金とは、経済的な問題で進学を諦めることがないように設けられたものなので、その採用にあたっては「家庭の収入」と「お子さんの成績」をもとに審査されることになります。

第一種と第二種奨学金の違い


それぞれがどのような内容となっているのか? 具体的に解説していきましょう。

まずは無利子の第一種奨学金から。

無利子の「第一種奨学金」の内容解説 第一種奨学金は、進学先が大学か短大か、または専門学校なのか。あるいは親元から通うのか、ひとり暮らしをするのか、な……(中略)…… も多くの人が利用している有利子の奨学金について解説します。

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
不登校傾向にある中学生、推計33万人…日本財団が実態調査

 年間欠席数が30日未満の不登校傾向にある中学生が、全国で33万人と推計されることが2018年12月 …

学習・教育
柴山文科大臣がつくば市のICT教育先進校を視察

【投稿記事】茨城県つくば市立みどりの学園義務教育学校 校長 毛利 靖 12月12日、柴山昌彦文部科学 …

学習・教育
「第五回全国高校生未来会議」第2次募集12/28まで…奨学生招待枠も

 リビジョンは2019年3月25日から27日まで、2019年3月時点で中学3年生から高校3年生を対象 …