競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」開催

学習・教育

bitFlyerは、競技プログラミングコンテスト「codeFlyer」を6月2日から開催する。

「codeFlyer」は、プログラミングの正確性とアルゴリズムの構築力、スピードを競う競技プログラミングコンテスト。予選、本選の2部構成となっており、予選は年齢や居住地を問わず、オンラインで誰でも参加することができる。

本選は6月30日に、同社オフィスのある六本木の東京ミッドタウンで開催する。コンテストは予選、本選ともにAtCoderによるオンラインシステム「AtCoder」を利用して開催される。

本選上位5名には、最高賞金10万円が現金もしくはビットコインで贈られる。また、本選の成績上位者には「内定確約パス」を進呈するほか、成績に応じて一部選考プロセスを通過できる権利を進呈する。さらに、本選出場者の中から同社に入社決定した人には自己研鑽費用として50万円を支給する。

実施の概要

■予選
開催日時 : 6月2日 (土) 21:00~23:00
問題予定数 : 5題
参加資格 : 誰でも参加可能 (AtCoderアカウント必須)

■本選
開催日時 : 6月30日 (土) 13:00~19:00
開催会場 : 東京ミッドタウン
問題予定数 : 8題
詳細

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
日本大学医学部、一般入試の追加合格で不適切な取扱い

 日本大学は2018年12月12日、医学部入試において文部科学省から不適切な事案と指摘を受けたことを …

学習・教育
ステモン代表中村一彰著『AI 時代に輝く子ども』15日発売

STEM 教育を取り入れたスクール「ステモン(STEM ON)」を運営するヴァリングは、同スクールを …

学習・教育
不登校傾向にある中学生、推計33万人…日本財団が実態調査

 年間欠席数が30日未満の不登校傾向にある中学生が、全国で33万人と推計されることが2018年12月 …