競合分析でライバル企業を知る!顧客やサービス・マーケティング戦略まで

スキルアップ
競合分析の必要性

異業種でもターゲットが同じ場合にはライバル企業になる


ビジネスとは、限られたマーケットの中でライバル企業と顧客を奪い合う争いという一面も兼ね備えています。ビジネスは競争という意味において、ライバル企業を出し抜かなければ、素晴らしい業績を上げることも難しくなります。

そこで、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と昔から語り継がれているように、競争に勝ち残るためには、ライバル企業を徹底的に調査・分析する必要があります。ライバル企業の動向を把握して、ライバル企業を上回る形で市場のニーズに応えることによって、顧客の支持を得ることができるというわけです。

それでは今回は3C分析のうち、競合分析についてさらに詳しくお伝えしていくことにしましょう。

【目次】

  競合のターゲット顧客を分析しよう 競合分析において、まずはライバル企業がどのような顧客層をターゲットにしているのかを把握するターゲット顧客分析を行いましょう。この分析で明らかになるのは、「真の競合相手が誰なのか?」ということです。一般的に、同じ業界に属する企業をライバル企業とみなす場合も多いと思いますが、たとえ同じ業界に属していてもターゲット顧客が違えば競合とならない場合もあります。一方で、同じ業界に属……(中略)…… 言えるでしょう。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
アペリティフってどんなもの?フランス人流楽しみ方

<!– –> <目次>   アペリティフって何だろう? アペリテ …

スキルアップ
フランスで喜ばれる贈り物ベスト3!相手の好みを尋ねるフランス語

<!– –> フランスの贈り物文化……どんな時にプレゼントを贈る …

スキルアップ
入国審査での英語フレーズ集!海外旅行で使える英会話

<!– –> <目次> 「何のための入国審査か」を理解しておけば …