立教大、オンライン面接の可能性と課題の調査報告書を発表

学習・教育

立教大学経営学部の中原淳研究室は、企業の採用活動におけるオンライン面接の可能性と課題について、学生と採用担当側両者への調査を実施し、5月31日に調査報告書を公開した。

新型コロナウイルス感染拡大を受けて企業の採用活動において急速に広まっているオンライン面接が、どのように実践され、どのような可能性と課題をもっているのかを定量的に調査した。

その結果、1次面接の95.6%はオンラインで行われていることが判明した。また、就職活動開始時期の早期化が進み、3年生の春学期から46%の学生が活動していた。

ITスキルが今後の就活・採用においては必須となると考えられる一方、オンライン面接のネガティブな側面として、「働くイメージ」や「従業員の様子」が伝わりにくいという点が挙げられた。また、オンライン環境での就活は孤独にならないことが重要と考えられる。

さらに、今後は対面面接とオンライン面接のブレンデッド型が重要になってくるであろうと予測される。

関連URL

調査報告書

立教大学

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… c.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">立教大学

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【夏休み2020】Z会、小学生向け自宅学習教材を無料公開

 Z会は2020年7月10日より、新型コロナウイルスの影響で普段とは異なる環境におかれている小学生へ …

学習・教育
ネットワンシステムズ、相模原市立学校105校にネットワークシステムを提供

ネットワンシステムズは10日、GIGAスクール構想に基づく相模原市立学校105校(69小学校・35中 …

学習・教育
小学生対象「ゲームクリエイターと交流しよう」7月

 小学生向けプログラミング教育事業を手がけるCA Tech Kidsは、ゲームが大好きな小学生を対象 …