稼げるIT資格はどれ?―米グローバルナレッジが2018年版のトップ15を発表

資格・スクール

 米グローバルナレッジは、エンジニアの給与と保有するIT関連資格について2011年より毎年調査を行い、その結果を発表している。同社によれば、2018年版のランキングからは次のような事実が見て取れるという。

12位までの年収は10万ドル(およそ1060万円)を超える 7位までの資格は、昨年も10位までにランクインしていた セキュリティ分野の資格は、昨年の4資格から6資格へ増加 ISACAの資格は、昨年の3資格から4資格へ増加(資格ベンダーとして最多) ビジネス分野の資格は、昨年の2資格から3資格へ増加 クラウド/仮想化分野の資格は、昨年の4資格から3資格に減少 Windows系の資格は、昨年の3資格から1資格に減少

 昨年もランクイン数の多かったセキュリティ分野だが、今年はさらにその数を伸ばした。日本国内でも人材獲得が激化しているセキュリティ人材だが、世界でも需要は高いようだ。一方で、クラウド/仮想化に関連する資格は一歩後退。しかし、AWSに関する資格は2位にソリューションアーキテクト(……(中略)…… rtifications" target="_blank">発表ページ(英語)を参照のこと。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …

資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …