相槌の打ち方とは? コミュニケーション力アップの話が弾む方法

スキルアップ
<!---->  相槌の打ち方で雑談力がアップする!

相槌の打ち方をマスターしよう! 
 

「普段あまり話さない人とエレベーターで一緒になってしまった」
「上司と駅まで一緒に帰る流れになった」
「取引先の人と待ち時間に2 人になった」……

などなど、「ここで話が弾めばいいのに」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

「まずは天気の話から」「食べ物や旅行の話もいい」など、雑談のコツは知っていても、実際にやってみるとやっぱり話が弾まない……。

そんな時に試してほしいのが、会話が広がりやすくなる「相槌」です。まずはお勧めの5つのバリエーションを確認していきましょう。
 

<目次> 相槌の打ち方……5つの「話が盛り上がる相槌」

雑談のポイントは相槌

1. 「へぇー」「なるほど」

「話を聞いていますよ」ということが相手に伝わるシンプルな相槌ですが、相手が話をしやすくする効果もあります。感情を込めて使えば、関心があることも伝えられます。

2. 「すごい」……(中略)…… ります。上手に使って会話を楽しんでください!

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
英語が公用語なのはなぜ?世界共通語になった理由とは

<!– –> 公用語としては英語が一位だけど……国際ビジネスで使 …

スキルアップ
仕事力が決まる4つの要素

<!– –> <目次>   仕事力のあるビジネスパーソンはなぜ出 …

スキルアップ
再三にわたりお願いを…イラッとされるNGビジネスメール4選

<!– –> ビジネスメールではNG!「再三のお願い」などイラッ …