発明アイディアワークショップ、2019年度の参加小学校・団体募集

学習・教育
 樫尾俊雄発明記念館は2019年3月20日より、発明による社会貢献の喜びを次世代に継承するための活動“子どもたちみんなが発明家”「発明アイディア ワークショップ」の2019年度開催校・団体を募集する。小学校のクラス、クラブ、グループ、団体など、15人以上であれば応募可能。

 樫尾俊雄発明記念館は、カシオ計算機の創業者の1人で世界初の小型純電気式計算機「14-A」など数多くの製品を生み出した発明家・樫尾俊雄の発明の志を後世に伝えるため、カシオ計算機の歴史的製品を展示するとともに、次代を担う子どもたちに発明による社会貢献の喜びを体験してもらうための活動を行なっている。

 「発明アイディア ワークショップ」は、世の中にまだないものを生み出す「発明」の考え方や発想のヒントなどを講師とともに学び、発明の楽しさ、社会貢献に通じる喜びを小学生に体感してもらう企画。カシオ計算機の協力を得て講師が小学校などに赴き実施する。2019年で3年目を迎える活動で、これまで2年間で北海道から沖縄まで全国768人の小学生が参加している。

 ワークショップでは、日常生活の小さな気付きから発明に至るプロセスを楽しみながら学び、誰かの役に立つ世界にひとつのオリジナル時計のアイディアを考える。これまでのワークショップでは、子どもたちが考えた「介護に役立つ時計」「危険を察知する時計」「災害時……(中略)…… イトから応募用紙をダウンロードし必要事項を記入のうえ郵送で応募、もしくはWebサイト上の応募フォームから応募

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
高校推薦入試に向く受験生・向かない受験生とは

<!– –> 高校推薦入試、我が子は向いているタイプか? 内申点 …

学習・教育
【夏休み2020】プロスタキッズ、小中学生向け「プログラミング動画教材」公開

 プログラミング教室「プロスタキッズ」を運営するミスターフュージョンは、日本テレビの協力を得て、小中 …

学習・教育
先生業務の一部を外部委託 保護者連絡代行サービス/横浜市立富士見台小学校

【PR】先生の働き方改革と業務負担の軽減。そして保護者との深いつながりを実感 横浜市立富士見台小学校 …