留学で人生が変わる?語学留学という選択…Kaplanの場合

学習・教育
 外国人観光客の急増、仕事で英語を求められる機会の増加―さらに、首都圏では2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う英語案内の整備が進むなど、日本で生活していながらもグローバル化の波を意識せずにはいられないことが多くなった。同時に、「英語力のアップ」を課題に掲げる人の割合も増加しつつある。

 短期間で確実に英語力をアップするもっとも有効な方法は「海外留学」だろう。その人気の高まりは、数字にも現れている。日本学生支援機構(JASSO)によると、1年以下の短期留学も含めると、海外留学をする人は約96,641人(2016年度)で、対前年度比は12,185人増。留学を斡旋する留学エージェントに聞くと、「母数は少ないものの、伸び率が大きいのが親子留学や中高生を対象としたジュニア留学」だという。「子どもにだけは英語で苦労させたくない」という、親の気持ちが透けて見える。

 調査に現れているように、親の世代よりも「留学」という選択が身近になった昨今では、春および夏の留学を目指した情報収集に取り掛かっている者も多いだろう。そこで、留学を考える際にまず疑問として浮かぶのが「どこの国・地域へ、どのくらいの期間、いくらで行くのか」というもの。初めての留学なら特に、一歩ずつ納得感を持って決めたいものだ。

海外留学の種類…「語学学校」という学び場

 では、留学にはどのよう……(中略)…… る。英語力の向上を目指すなら、多国籍かつ行き届いた学習環境に飛び込み、じっくりと“英語脳”を育ててほしい。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …

学習・教育
NTTドコモなど、渋谷と広島を5Gで接続して遠隔地の中学生にダンスを指導

渋谷未来デザイン、広島県、NTTドコモは、渋谷スクランブルスクエア(東京都渋谷区)とイノベーション・ …

学習・教育
中学受験願書の志望動機・理由の書き方!例文や写真準備のコツも紹介

<!– –> 中学受験願書の志望動機書き方や写真準備コツを例文付 …