無料で読める「インターネット白書ARCHIVES」、2018年版記事を追加掲載

学習・教育

インプレスR&Dは7日、インターネット協会(IAjapan)などと共同で運営している無料バックナンバーサービス「インターネット白書ARCHIVES(インターネット白書アーカイブス)」に、昨年版の「インターネット白書2018」の記事を追加掲載したと発表した。

同アーカイブスは、同社とIAjapanのほか、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、日本レジストリサービス(JPRS)の計4組織で構成された「インターネット白書編集委員会」が共同運営。

インターネットの黎明期(1996年)からの歴史を年鑑として発行し続けている「インターネット白書」のバックナンバーをデジタル化し、無料で検索・閲覧できるようにしたWebサービスで、発行後1年を経過した「インターネット白書」をアーカイブスに登録している。

今回、新刊「インターネット白書2019(副題:デジタルファースト社会への大転換)」が発行されたのを機に、昨年の2018年版(副題:デジタルエコノミー新時代の幕開け)をアーカイブスに追加登録した。

2018年版は、AIやIoTがさまざまな産業分野や生活スタイルに浸透し始めたことを背景にした内容で、ビジネス分野では「xTech(エックステック、クロステック)」という、インターネットによる産業構造の変革の動きを解説。……(中略)…… //IWParchives.jp/" target="_blank">インターネット白書ARCHIVES

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
税理士試験2019、合格者は749人

 国税庁は2019年12月13日、2019年度(第69回)税理士試験結果を発表した。合格者数は749 …

学習・教育
現役エンジニアが思う「3年後に仕事で使えそうな言語」=侍調べ=

侍は12日、同社の「侍エンジニア塾」の現役エンジニア兼インストラクター54人を対象に実施した「プログ …

学習・教育
プログラミングイベント、Apple直営店で12/15まで

 Apple直営店では2019年12月15日まで、コンピュータサイエンス教育週間を祝って子ども向けプ …