漢字検定2級の頻出問題とは?過去問で効率よく勉強して合格しよう

資格・スクール
<目次>   漢検2級にチャレンジ!

頻出問題で効果的な学習を!


漢字検定2級の試験では、全ての常用漢字2136字が出題対象となります。平成24年度の試験から審査基準が変わり、新しく常用漢字となった196字が2級の対象に仲間入りしたため、平成23年度までの問題に比べると、やはり難度が上がっています。また、2級は高校卒業程度のレベルで、合格率も大体20%台と低く、それなりに勉強しないと合格は難しいとされる級です。

とはいえ、過去にたびたび出題されている漢字、頻出の漢字をしっかりおさえておけば、2級合格への道はより近くなります。むしろ、2136字全ての漢字の読み書きをやみくもに覚えるよりも、頻出問題を集中的に学習して覚えるほうが断然効果的と言えるでしょう。
 

「出る順」オススメ問題集 頻出度順、いわゆる”出る順”にまとめた問題集は、多くの出版社から発売されています。そのほとんどは、出題回数が多い順に、A,B,Cの3ランクに分類して問題が掲載されています。漢検2級でオススメの問題集をいくつか紹介します。
     
この中でとくにオススメしたいのは、『カバー率測定問題集 漢検マスター2級 改訂第2版』(ナツメ社)です。過去……(中略)…… す。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
不確実性の時代のリーダーが持つべきは「聞く耳」、そのスキル・マインドを育成するための鍵やトレーニングとは

理想のリーダー像はみんなをまとめてシンクロさせる指揮者 ――これからのリ …

資格・スクール
2020年卒の企業新卒内定状況調査を発表、外国人採用を増やしたい企業多く―マイナビ

 同調査は9月4日~10月3日に実施され、1349社(上場:109社、非上場:1240社)から回答を …

資格・スクール
ケアマネージャーの服装とは?独立開業の知識

<!– –> <目次> ケアマネージャーの制服について ケアマネ …