漢字検定のレベル別問題例!初めては何級から受ける?

資格・スクール
漢字検定とは?

漢検にチャレンジ!


漢字検定(通称:漢検)は、財団法人 日本漢字能力検定協会が実施している検定試験で、年3回実施されます。個人と団体で検定日が異なりますが、個人受検の場合は2月、6月、10月に行われます。 受検資格はなく、子供でもお年寄りの方でも、誰でも受検することが出来ます。受検会場は全国各地の施設で行われますので、最寄りの会場で受検するとよいでしょう。受検料は級によって異なります。詳しくは漢検のHPで確認してください。

(漢検HP)
http://www.kanken.or.jp/kanken/

■漢字検定


まずは漢検の級とレベルを知ろう! 漢検は10級から1級まで、12段階に分かれています。各級のレベルと合格基準、合格率、対象漢字数を以下にまとめます(合格率は平成26年度第2回のデータです)。

級:レベル:対象漢字数:合格基準:合格率   

1級:大学・一般程度:約6,000字:200点満点80%程度:6.1% 準1級:大学・一般程度:約3,000字:200点満点80%程度:18.5% 2級:高校卒業・大学・一般程度:2,136字:200点満点80%程度:22.5% ……(中略)…… 字力をさらに磨いてみるのもオススメです。

【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ホラクラシー鼎談《前編》――ヒエラルキー構造が組織の当たり前の中、どのように取り組んで実現してきたのか

話者 武井浩三氏(ダイヤモンドメディア株式会社 代表取締役) …

資格・スクール
当初は大苦戦したエンジニアの「採用広報」、その時見直した・作り直したものとは――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《前編》

大切なのは会社のブランドではなく「何ができる組織か」だった ――現在の業務内容について教えてください …

資格・スクール
社内のエンジニアが社外に情報発信してくれる「採用広報」の空気はなぜできたか――リクルートテクノロジーズ 広報 松尾奈美氏《後編》

本記事の前編はこちらから。 エンジニアに社外へ発信してもらうには ――現在では積極的に社外へ発信され …