準備編:リファラル採用とは何か

資格・スクール
リファラル採用とは

 日本国内では人口動態から、生産年齢人口の減少が明らかになっています。当然、就職・転職人口もどんどん減っていきます。人事担当の皆様は足元の採用でも苦労されていると思いますが、今後ますますその度合いがひどくなっていく状況です。

 数字で見てみると、厚生労働省発表の全職種での有効求人倍率は、2018年7月末現在で1.63倍。転職メディア「DODA」を運営するパーソルキャリアが発表した2018年8月の転職求人倍率も、全体平均で2.47倍を示しています。こうした高い求人倍率の中でも、ITエンジニアはとりわけ高く、ITコンサルタントなどは17倍にも達しているといいます。

 IT業界でいうと、コンサルティングファームは5~6年前まで一定の経験がある方でないと推薦ができない状況だったのですが、今はそれこそ開発経験が1年未満とか、場合によっては開発経験がなくてもいいので推薦してください、というような構図になっています。それくらい受け入れ窓口が増えているのです。

 こうした状況を受け、多くの企業で就職・転職エージェントやメディアといった外部チャネルに依存しない自社採用力の強化が今、マクロ・ミクロの双方から見たときに必要になってきています。同時に、個人の求職トレンドも変化してきています。特にデジタルネイティブと言われる若手世代は、情……(中略)…… 。最近になってその概念はもう変わってきたと感じています。つまりリファラル採用は定着しつつあるのです。

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
マネジャーの「育てる力」をいかに育てるか――知るべき2つのポイントと力がつくワークショップの手順

マネジャーの役目は「人を育てる」こと  マネジャーの仕事にはいろいろなも …

資格・スクール
2019年9月の「doda 転職求人倍率レポート」発表、技術系(IT・通信)の求人は引き続き10倍超え―パーソルキャリア

 2019年9月の転職求人倍率は、前月比0.10ポイント減の2.69倍で、求人数は前月比100.2% …

資格・スクール
プログラミングやデータサイエンスの問題を出しスキルを見極めて求職者にオファーできる「athletics」を提供開始―ギブリー

 同社は、2016年より展開しているプログラミングスキルチェックツール「track」を通じて、エンジ …