浪速中高、『すらら』軸にしたICT三本柱で相乗効果

学習・教育

【PR】

組み合わせで相互補完する三本柱

ICT教育には、指導業務や学習の効率化などさまざまなメリットがある。それは事実だが、一方で「これ(何らかのICTツール)を導入するだけで効果が得られる」と安易かつ過度な期待を寄せ、思った成果が得られなければ「使えない」「役に立たない」と、原因をツールの性能の問題として片づけてしまう残念な事例も少なくない。

神社神道を建学の精神とする同校。 校内に神社を構える唯一の学校でもある。

こうした問題に対し「組み合わせが重要だと思います」と語るのは、浪速高等学校・浪速中学校(大阪市)の下園晴紀教諭。

ICT教育推進委員長・下園晴紀教諭

同校は2016年度から本格的なICT教育に着手、Google提供のグループウェア『G suite for Education』、オンライン学習システムの『すらら』、それらを活用する基本デバイスとして『Chromebook』をその三本柱に据えて環境整備を進めた。つまり「組み合わせ」だ。「それ単体で何かしようとするのでなく、自分たちの抱える課題解決のために、必要なICT環境やツールで相互補完するイメージですね」と同教諭。その具体的活用法を見てみよう。すららネット

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
ロボットプログラミング「mBot大会」12/22、小学生以上

 小学生向けプログラミング教室の世田谷ハツメイカー研究所は、「mBot」を使用したロボットプログラミ …

学習・教育
2020年話題になりそうな出来事4位に「プログラミング教育」=ユーキャン調べ=

ユーキャンは、2020年に注目の集まる教育改革と資格について調査を行い、6日その結果を公開した。 そ …

学習・教育
学生による音楽劇「総合子どもカーニバル」甲南女子大12/14

 甲南女子大学人間科学部総合子ども学科は2019年12月14日、第13回総合子どもカーニバルを開催。 …