求職者の「仕事探しの時期」に関する調査結果を発表、求職者には12月が狙い目―Indeed Japan

資格・スクール

 同調査では、2013年1月~2019年4月における調査対象キーワードについて、求人検索エンジン「Indeed(インディード)」上での各月の検索数の割合を平均値で算出するとともに、厚生労働省が公開している「一般職業紹介状況」における6年間の統計データと比較した。調査対象キーワードは、代表的な5つの職種である「営業」「マーケティング」「経理」「人事」「事務」と「第二新卒」「既卒」。

 営業、マーケティング、経理、人事、事務が最も検索されているのは3月で、4月がそれに続く。これらの傾向は5つの職種すべてに共通しているが、とりわけマーケティングは3月と4月の検索割合が顕著に多かった。一方、すべての職種で12月の検索割合が最も少ない。

各月におけるIndeedでの職種別の検索割合(6年間平均)

 一方、「第二新卒」「既卒」の検索割合は、4月が最多だった。

各月におけるIndeedでの「第二新卒・既卒」検索割合(6年間平均)

 また、厚生労働省の一般職業紹介状況の2013年~2018年の統計データから、各月の「求人倍率」(新規求職数に対する新規求人数の割合)の平均値を算出したところ、12月が最も高いという結果になった。

厚生労働省「一般職業紹介状況」[実数](除アルバイト)(2013年~2018年平均)

 以上の結果より、12月は求職……(中略)…… えると、12月は転職に向けた求人検索の“狙い目”の月といえるとIndeed Japanは述べている。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
新感覚のスイーツたこ焼きに、大阪“おばちゃん”の2Dゲーム大阪府との新“お土産”づくりプロジェクト 最終審査会を開催

即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っている株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長 …

資格・スクール
人員配置の計画立案を支援するサービス「HR君haichi」を提供開始―エクサウィザーズ

 「HR君」シリーズは、AIを活用して人事関連データを分析する「HR君アナリティクス」を中心とした、 …

資格・スクール
マネジメントしなくて済む人を採用すればマネジメントはいらない

リクルートでは「おまえはどう思うんだ」とだけ聞けばよかった  古巣の現職 …