求人メディアから採用管理システムへ応募情報を自動入力する「RoboRobo リクルーティング」の利用申し込みを開始―オープンアソシエイツ

資格・スクール

 同社によれば、採用管理システムの導入が進む一方で、求人情報を掲載している求人メディアからの応募情報を採用管理システムに入力する業務は手作業のままとなっており、採用担当者の負担となっているという。「RoboRobo リクルーティング」は、RPAの仕組みで応募情報の入力を自動化し、採用担当者の業務効率を向上させる。

 RoboRobo リクルーティングはクラウドサービスとして提供され、企業で利用している採用管理システムや求人メディアといった必要事項を申し込み書に記入するだけで使用を始められる。ツールの購入やソフトウェアのインストールなどは不要。料金は月額5000円からで、月の登録候補者数に応じて複数の料金テーブルを用意している。

 対応する採用管理システムや求人メディアの詳細を知りたい場合には、RoboRobo リクルーティングのWebサイトで案内メールを申し込む。なお現在、同サービスのリリースを記念して、初月無料キャンペーンを実施している。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… 申し込む。なお現在、同サービスのリリースを記念して、初月無料キャンペーンを実施している。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
「エンジニアになるまでの1日の平均学習時間と学習期間」の調査結果を発表―侍

 現役エンジニア50名を対象に、エンジニアになるまでの1日の平均学習時間を聞いたところ、平均4時間2 …

資格・スクール
日本の大企業でHR Techが広まらない理由、米国でHR Techがどんどん先を行く理由とは

大企業でHR Tech導入が進まない理由とは ――まずは2019年のHR …

資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …