東大阪市、中学生の英検受験料を一部助成する新事業

学習・教育
 東大阪市は2018年度から、市立中学校に在籍する生徒を対象に実用英語技能検定(英検)の検定料の一部を助成する「英語検定受験料助成事業」を開始した。助成は生徒1人につき年間1回。2級~5級で受験料の半額分を助成する。

 英語検定受験料助成事業は、学力向上対策の一環。大阪府立高校の入学者選抜では、2017年度から学力検査「英語」において外部検定テストと連動。英検、TOEFL iBT、IELTSの検定結果やスコアを活用している。

 英語検定受験料助成事業の対象は、東大阪市立中学校に在籍する生徒。日本英語検定協会が実施する英検(IBAを除く)を受験する場合、事前申請により、検定料の一部を助成する。

 本会場・準会場とも2~5級は半額分を助成。たとえば助成額は、本会場で5級を受験する場合は受験料2,500円のうち1,250円、本会場で2級を受験する場合は受験料5,800円のうち2,900円となる。準1級は受験料6,900円、1級は受験料8,400円のうち、2,900円を助成する。

 助成を受けることができるのは、生徒1人につき年1回まで。助成を希望する生徒は、在籍する中学校を通して申請書や請求書、1次試験受験票のコピー(準会場受験者は受験証明書)などの書類を東大阪市教育委員会に提出。助成金は書類審査後、申請のあった銀行口座に振り込まれる。

<……(中略)…… 受験証明書)などの書類を東大阪市教育委員会に提出。助成金は書類審査後、申請のあった銀行口座に振り込まれる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
プログラミング・ロボット競技体験など「豊洲フェスタ」10/27・28

 江東区文化コミュ二ティ財団豊洲文化センターは2018年10月27日と28日、「第25回豊洲フェスタ …

学習・教育
小学館、生誕100年記念『福永武彦電子全集』の配信開始

小学館は、青年の純愛と挫折を描いた「草の花」や、モダニズムの傑作「死の島」など、愛と孤独と死を描いた …

学習・教育
【センター試験2019】河合塾、合格可能性評価「バンザイシステム」1/23公開

 河合塾が提供する大学入試情報サイト「Kei-Net」は、2019年度大学入試センター試験特集のWe …