東京医大、推薦合否判定や繰上合格でも問題行為か…第1次報告書

学習・教育
 東京医科大学は2018年10月23日、第三者委員会による第1次調査報告書を公表。性別などによる点数調整や推薦入試合否判定での問題行為などが明らかとなった。今後は報告書の提言を踏まえ、不利益を被った受験生への対応について、11月上旬を目途に公表するという。

 東京医科大学は医学部医学科入学試験における不正問題を受け、2018年8月28日に第三者委員会を設置。2013年度(平成25年度)から2018年度(平成30年度)までの医学科入試における不適切な行為などの調査を主たる目的としているが、東京医科大学は2018年度入試における不適切な行為の有無、当該行為がなかった場合の入試の具体的な結果を最優先事項として調査するよう要請していた。

 第三者委員会は10月22日付で、2018年度に加え、2017年度医学科入試についての検証結果を報告。調査の結果、2017年度・2018年度の入学者選定試験において、「公正かつ妥当な方法」による入学者選定とは認めがたい行為(問題行為)が確認されたという。

 具体的には、2次試験科目の「小論文」の点数について、受験生の属性(性別や高校卒業年からの経過年数)に応じて、一部の受験生にだけ点数を加点する調整を実施。また、前理事長ないし前学長が学務課職員に指示して、特定の入試受験生の試験成績の元の点数データ(素点)を書き換えさせるといった……(中略)…… 入試の原因などの調査や再発防止策の検討を継続している。それらの結果については、別途報告を行う予定だという。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
Player!全国中学校バスケ男女全試合をリアルタイム速報

 スポーツスタートアップ企業ookamiはスポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において …

学習・教育
鎌倉市教委、リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJiClassRoom」を導入

MetaMoJiは22日、同社のリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJiClassRoom」が、 …

学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …