来春開講の「N中等部」、反響を受け初年度から規模を拡大

学習・教育

角川ドワンゴ学園は、9月13日に設立を発表した新スクール事業「N中等部」に想定を超える反響があったことから、当初の計画を大きく見直し、初年度の2019年4月から東京と大阪の2カ所で開校することを決定した。

所在地が未発表だった東京都内の校舎は「新宿キャンパス」に決定し、発表時の定員40名を大幅に拡充した150名のキャンパスとして開校する。また、新たに大阪府内に定員150名の「江坂キャンパス」を開校することを決めた。

「N中等部」は、教育機会確保法の趣旨に基づいて運営する通学型のスクール。「常識を超えて、未来を創る」をスローガンに、社会で求められる創造力を身につけるために、実践型授業を柱にしたカリキュラムで構成する、新しい教育コンセプトの「プログレッシブスクール」。すでに運営している「N高等学校」の教育ノウハウを活かした探究学習、先取り学習、プログラミング学習をカリキュラムの柱に据え、N高につながる一貫教育として、6年間を通して創造力と協働力を実践的に育成していく。

学校休校日などを除く年間の登校日を12分割したものを1期とし、Weekday Course (週5) 6万4800円/期、3 Days Course (週3) 4万8600円/期、1 Day Course (週1) 3万2400円/期の費用のほか、入学金などの諸経費が別途か……(中略)…… URL

N中等部

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
米文化や日常を英語で学べる施設、新入学生・新社会人向けキャンペーン

 YBM JAPANが運営する体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」は、2 …

学習・教育
「VTeacher」でフルリモート型のプログラミング教室を今春開講

鈴木ソフトラボラトリーは20日、離れた場所から視聴・指導できる、同社のプラットフォーム「VTeach …

学習・教育
小学生以下無料で京都宿泊、子育て応援旅行プラン

 京都市内で一棟貸切タイプの宿泊施設を運営するレイバーランドは、小学生以下の子どもがいる家族を対象に …