本とバラを贈り合う「サン・ジョルディの日」の由来

スキルアップ
サン・ジョルディの伝説 スペインでは日本ほどにはバレンタインデーが盛り上がらない代わりに、4月23日にサン・ジョルディの日をお祝いします。サン・ジョルディはカタルーニャ州の聖人で、龍に攫われた王女を救い出すために、剣で勇敢に竜を退治したところ、龍の血が地面に流れ、そこに美しい赤いバラが咲いた、という伝説が残っています。

今では、日本のバレンタインデーのように、恋人や家族の間でプレゼントを贈りあう日になっていて、女性だけではなく、男性もプレゼントをします。

街がバラと本で溢れる日

本好きが心待ちにするお祭り

サン・ジョルディの日の数日前から、町の中心となる広場や大通りでは本の市場が開かれます。場所によりますが、新刊本から古本まで、子供の絵本から大人向けの本までいろいろ並びます。大体は何割か割引されていて、普段は本を読まない人たちでも足が向くようです。

なぜ本なのかというと、サン・ジョルディの日に、女性が男性に本を送る習慣があるからです。本を贈る理由ははっきりしていませんが、1995年にユネスコが4月23日を「世界本と著作権の日」(世界本の日)に決定したことと関係がありそうです。この日は、シェークスピアとドン・キホーテの作者であるセルバンテスの命日でもあります。

チョコレートの代わりに本、とても知的ですね。人気作家が新刊……(中略)…… リブロ、ポル ファボル? この本にサインしていただけますか?

記事の全文を見る⇒(All About)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
スキルアップ
アペリティフってどんなもの?フランス人流楽しみ方

<!– –> <目次>   アペリティフって何だろう? アペリテ …

スキルアップ
フランスで喜ばれる贈り物ベスト3!相手の好みを尋ねるフランス語

<!– –> フランスの贈り物文化……どんな時にプレゼントを贈る …

スキルアップ
入国審査での英語フレーズ集!海外旅行で使える英会話

<!– –> <目次> 「何のための入国審査か」を理解しておけば …