朝日学生新聞×アルクテラス、大学入学共通テスト対策ツール提供

学習・教育
 アルクテラスと朝日学生新聞社は2018年4月25日より、大学入学共通テスト対策ツール「ClearS記述対策」の提供を開始する。塾や学校で、おもに国語の記述式問題(120字程度)、歴史、地理、現代社会の資料分析問題の対策を行うことができる。

 アルクテラスは、中学生、高校生向けの勉強ノートまとめアプリ「Clear」を提供している。「ClearS」は、「Clear」でのノウハウをもとに、教育機関に提供するクラウド型サービス。朝日学生新聞社とアルクテラスが共同開発した「ClearS記述対策」では、朝日中高生新聞の記事コンテンツを題材にして、「ClearS」の学び合いのプラットフォームを活用。センター試験から大学入学共通テストの大きな変更点である記述式問題の対策を提供する。

 「ClearS記述対策」はスマートフォンやPCで利用でき、導入には塾・学校単位、教室単位で可能。朝日新聞のコラム天声人語を読み、200字程度の作文を投稿するコーナーなど、思考力・判断力・表現力を向上させる問題が用意されている。利用する生徒は、自分で書いた文章を「思考の跡」として投稿することで、先生や「ClearS記述対策」で学ぶほかの生徒からコメントなどのフィードバックを得ることができる。この機能により、学習意欲の継続と、ほかの生徒の解答例を学ぶことによる文章力向上を図る。

 なお、費用……(中略)…… に応じる配信地域/対応言語:日本/日本語※利用に関する詳細は、「ClearS」Webサイトより問い合わせる

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …

学習・教育
ソフトバンク、ロボットプログラミング教育の成果発表会

 ソフトバンクグループとソフトバンクロボティクスは、「Pepper 社会貢献プログラム」に参加する全 …