時間外労働を可視化する「KING OF TIMEデータ分析」をリリース、36協定対応上限や特別条項残時間に対応―ヒューマンテクノロジーズ

資格・スクール

 「KING OF TIMEデータ分析」は、勤怠管理システム「KING OF TIME」との連携が可能で、働き方の可視化によるリスクのキャッチアップを実現する。

 「36(サブロク)協定」(労働基準法第36条)対応上限および特別条項残時間に対応しており、部署/所属単位でのランキングや、前年対比の表示、打刻による勤怠時間とPC利用時間との差分比較といった機能を備えている。

 時間外労働の把握では、「36協定」の管理をグラフで可視化でき、部署/所属別のランキングによって勤怠データの有効活用を促進する。

時間外労働を可視化(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 「2~6か月の平均では80時間以内」「1か月では100時間未満」「特別条項の適用は年6回まで」という、改正労働基準法対応した時間外の残時間のグラフ化が可能となっている。

改正労働基準法に対応した時間外の残時間のグラフ化にも対応(出典:プレスリリース)
[画像クリックで拡大表示]

 そのほか、クラウド型PC認証管理システム「KING OF TIMEセキュアログイン」と連携すれば、Windowsへの「ログオン」「ログオフ」時間を自動記録することで勤怠打刻と実労働との乖離を可視化し、残業の多い従業員や不適切な働……(中略)…… OF TIMEデータ分析」の導入にあたって初期費用は無料で、1企業あたりの月額の基本料金は1万円。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
福島の幼稚園にて大好評!AIプログラミングアプリ『HelloThink!』の実証実験結果を公開

株式会社福島情報処理センター(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:小暮 憲一)及び、福島コンピュータ …

資格・スクール
「DMPとは何か」の説明から必要なエンジニア採用をインティメート・マージャーはどう成功させているのか

業務の拡大に追いつくべくエンジニア人材を急ピッチで増員中 ――DMPとい …

資格・スクール
HITO-LinkパフォーマンスがOKRの運用定着機能を強化―パーソルプロセス&テクノロジー

 同社では、OKR最大の特徴は「会社のビジョンと個人の目標の方向性を統一できる」ことにあり、そのため …