日経電子版、2月末まで無料になる「初割」キャンペーンを開始

学習・教育

日本経済新聞社は20日、日経電子版などが2019年2月末まで無料になる「初割」キャンペーンを開始した。期間は2019年1月31日まで。

電子版単体か日本経済新聞と電子版がセットの「日経Wプラン」で購読を申し込んだ場合が対象で、キャンペーン期間中に申し込むと、2019年2月末まで電子版の料金が無料になる。無料期間中に解約しても解約金はかからない。

日経電子版を契約した有料会員は、電子版の記事・機能をすべて利用できる。通常は申し込み月だけが無料だが、「初割」キャンペーンでは2月末まで無料になる。

無料になる対象は、日経電子版単体の場合は月額4200円(税込)、「日経Wプラン」は電子版部分の月額1000円(同)。

また、オプションの日経産業新聞・日経MJ・日経ヴェリタスの各紙面ビューアーもキャンペーン期間中に契約すると2月末まで無料になる。

さらに、企業の人事異動や組織変更を知らせる「日経人事ウオッチ」、投資家向け企業情報サービスの「日経会社情報PREMIUM(プレミアム)」、健康・医療の情報サービス「日経Gooday(グッデイ)」も2月末まで無料。

これらも、日経電子版と同様、無料期間中に解約しても解約金はかからない。

関連URL

詳細・申込

記事……(中略)…… f="https://s.nikkei.com/19htpr" target="_blank">詳細・申込

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
【大学受験2020】慶大、前年は補欠者の29.2%が繰上合格

 2020年度の私立大学一般入試が実施されており、慶應義塾大学は2月21日より、早稲田大学は2月20 …

学習・教育
関西の名門校「関西学院高等部」が挑戦する「探究学習2.0」の取り組みとは?

【PR】 関西学院高等部 田澤秀信副部長(教頭) 関西屈指の歴史と伝統を誇る名門校、関西学院高等部。 …

学習・教育
【大学受験2021】慶大SFC、AO入試対象コンテストを追加

 慶應義塾大学は、総合政策学部と環境情報学部の「アドミッションズ・オフィスによる自由応募入試」(AO …