日本マイクロソフト、教育機関向け「Microsoft クラスルームペン」を発売開始

学習・教育

日本マイクロソフトは22日、教育機関向け「Microsoft クラスルームペン」を発売開始した。3000社を超える国内の法人向け販売パートナーで受注を受付中。価格は20本パックで8万5800 円(税抜価格:1本当たり4290 円)。


Microsoft クラスルームペンは、子どもがタブレットやPCと一緒にペンを利用することを想定して設計された製品で、学校での学習や家での宿題など、子どもの効果的で楽しい学びをかなえる。特にSurface Goと組み合わせての使用がおすすめだという。

自然な書き心地で文字や絵を描くことでき、子どもの手にちょうど良い約11 cm サイズのペン。Microsoft クラスルームペンを使えば、教室や家でのスケッチ、色塗り、メモ取りなどが簡単に行える。

Microsoft クラスルームペンは、ペン先の耐久性を高めるなど、子どもが活発に使用することを考慮して設計されている。ペンごとにペン先が交換できるようになっており、ペンの端にあるストラップホールを使えば、デバイスのケースに簡単に紐で結びつけることができるため、ペンの紛失も避けられる。

Microsoft クラスルームペンは、教育機関からのフィードバックを踏まえ、導入しやすい手ごろな価格設定となっている。教育機関だけに提供され、20 本セ……(中略)…… _ja.pdf" target="_blank">Microsoft クラスルームペンの技術仕様など詳細(PDF)

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
小中学生の母親、勉強よりも「体づくり」に関心

 小中学生の子どもを持つ母親は、勉強より「体づくり」への関心が高いことが、雪印メグミルクが発表した調 …

学習・教育
Z会×エンビジョン、小6向けのオンライン英会話レッスンを来春から開始

Z会とエンビジョンの2社は、2020年4月から、Z会の通信教育「小学生コース」6年生の英語講座受講者 …

学習・教育
ソニー、toioで学ぶロボットプログラミング12/14

 ソニー・サイエンスプログラムは2019年12月14日、小学3年生から小学6年生を対象に、「toio …