日本ディープラーニング協会、2018年2回目の「G検定試験」の結果を発表、1740名が合格

資格・スクール

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。

 「JDLA Deep Learning for GENERAL 2018#2」の受験申込者数は2745名、受験者数は2680名で、6月16日実施の1回目の検定試験と比較して、受験申込者数、受験者数ともに増加している。

 合格者数は1740名で、受験者に対する合格者の輩出率は64.9%。年齢層は10代~70代と幅広く、30代と40代が最多(約63%)だった。業種はIT・SE系がもっとも多く(約61%)、ほかにも製造業、金融・保険業、不動産業、学生など、幅広い属性の人が受験している。役職別では、部長以上の役職者が約11%(学生、その他、未回答を除く)と、幅広い役職の人が合格を目指している。

年齢別受験者数業種別受験者数役職別受験者数

 次回の「G検定」は、2019年3月9日の実施予定。

 JDLAは、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材であるジェネラリスト、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材であるエンジニアの育成を目指しており、2020年までにジェネラリストは10万人規模、エンジニアは約3万人の輩出を目指している。

関連リンク <……(中略)…… 指しており、2020年までにジェネラリストは10万人規模、エンジニアは約3万人の輩出を目指している。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ポートフォリオ自動生成サービス「LAPRAS」、「Doorkeeper」からの情報取得に対応

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。  「LAPRAS」は、「 …

資格・スクール
候と侯の違いとは?似た漢字を間違いなく覚える方法

<!– –> 候と侯・専と博の違いなど……間違いやすい漢字に要注 …

資格・スクール
2021年卒の新卒採用における企業の方針を調査、早期の内定出しが増える見込み―ディスコ

 現行の日程ルールは5年目を迎える今年、夏に東京オリンピックを控えての動きや、20卒採用の選考終了状 …