日本ディープラーニング協会、「E資格 (エンジニア) 2018」結果発表

学習・教育

日本ディープラーニング協会 (JDLA) は、第1回のエンジニア資格試験となる「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018」(E資格) を9月29日に実施、12日にその結果を発表した。

業種別の申込者数

同協会では、ディープラーニングに関する知識を持ち「事業活用する人材 (ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材 (エンジニア)」の育成を目指している。

今回の試験の受験申込者数は342名、受験者数は337名。そのうち合格者は234名で、合格率は69.4%となった。受験者の年齢層は10代から60代にわたるが、最も多いのは30代で全体の38.9%を占めた。

業種では、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業が多く、合わせて55.3%を占めた。そのほか、製造業、サービス業、金融・保険、不動産業、医療福祉、学生など幅広い業種に及んだ。

なお、次回のE資格試験は2019年2月23日の実施を予定している。

関連URL

日本ディープラーニング協会

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

……(中略)…… ref="http://www.jdla.org" target="_blank">日本ディープラーニング協会

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
埼玉県、姉妹友好州省に留学する奨学生計8名を募集

 埼玉県は2019年8月22日、2020年に県の姉妹友好州省に留学する奨学生の募集を開始した。対象は …

学習・教育
KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、 …

学習・教育
高校生の長期留学を支援「ICC高校留学フェア」8-9月東名阪

 25年以上にわたり長期高校留学支援を行うICCコンサルタンツは2019年8月から9月にかけて、東京 …