日本ゲーム大賞2019 U18部門、金賞は小学生の池上さん 「手裏剣 Jump」

学習・教育
 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA、東京都新宿区)は、優秀なコンピュータエンターテインメントソフトウェアを表彰する「日本ゲーム大賞」を主催している。2019年9月15日、18歳以下の人が開発したゲーム作品を対象に審査、表彰する「U18(ゆーじゅうはち)部門」の決勝大会が「東京ゲームショウ2019」(会場:幕張メッセ)のイベントステージで行われた。

 昨年創設されたU18部門は、次世代のクリエイターの発掘を目的とした、18歳以下対象のゲーム制作コンテストだ。チーム(最大5名、1名でも可)で参加し、制作したゲームと、プレゼンテーションによる審査が行われ、予選大会を勝ち抜いたチームが、東京ゲームショウ最終日に行われる決勝大会で金賞を目指し競い合う。

 決勝には、予選を勝ち抜いた小学5年生から高校生までの個人やチーム7組が参加。決勝大会は実機試遊審査とプレゼンテーション審査の2つからなり、実機試遊審査ではゲームの面白さや独創性・技術力をアピールし、プレゼンテーション審査ではゲームの説明だけでなく制作途中の考え方もアピールする。

池上颯人さん(神奈川県横浜市立美しが丘小学校)
 最高賞である「金賞」を受賞したのは、ファイナリストのうち最年少の池上颯人さん(神奈川県横浜市立美しが丘小学校)。去年も決勝に進出し、銀賞を獲得した有力……(中略)…… 」(松田活さん、函館ラ・サール高等学校)、銅賞には「朝を知らぬ星」(梅村時空さん、N高等学校)が選ばれた。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
見守りサービス「Qottaby」福岡市内の小学生を対象に開始

 九州電力の見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」が、福岡県福岡市内の小学生を対象に開 …

学習・教育
受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学3年生、高校3年生の子どもを持つ保護者600名(中 …

学習・教育
【冬休み2019】プログラミング・ドローンなど計9講座「ウィンターラボ」

 LITALICOが運営する年長・小学生から高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづ …