日本の「人材ミスマッチ」は33か国中最悪、人材の需給効率を調査した「グローバル・スキル・インデックス」で―ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン

資格・スクール

 「グローバル・スキル・インデックス」は、同社がイギリスの調査会社オックスフォード・エコノミクスと共同で2012年から実施している。

 同調査によれば、人材確保が容易かどうかを表す指標「人材ミスマッチ」において、日本は10ポイント中10と、世界33か国の中でもっとも人材ミスマッチが深刻という結果となった。

 「専門性の高い業界における賃金圧力」は0.2と低い数値で、専門性の高い業界の賃金上昇が、そうでない業界の賃金上昇より遅いことを意味する。このような結果となった原因としては、深刻な人材不足により見直しが進められたサービス産業や福祉業界の賃金引上げペースが、専門性の高い業界より早かったためと考えられる。

 今回の調査を通じて、日本では企業が求めるスキルと、実際に求職者が持っているスキルが大きくかけ離れていることが、改めて明らかになった。原因は、急速な技術の進化に日本の人材が持つスキルが追い付いていないためで、スキル不足の背景には日本の高等教育や終身雇用制度における評価制度などが挙げられる。

 とりわけ人材不足が深刻なIT業界や自動車業界では、AI技術者やデータサイエンティスト、IoT技術者などは需要が高い一方で、企業が求めるスキルを持つ人材の不足が続いている。

 関連リンク

記事の……(中略)…… エンティスト、IoT技術者などは需要が高い一方で、企業が求めるスキルを持つ人材の不足が続いている。

 関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
IoTプラットフォーム『obniz』がアーテック社のロボットプログラミング教材「ArtecRobo2.0」に採用

株式会社CambrianRobotics(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 雄紀)が開発・ …

資格・スクール
【 ロボット検定開催 】

教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 …

資格・スクール
マネージャーを廃し自律・分散・協調を目指すネットプロテクションズの人事制度「Natura」、評価や意思決定は?

マネージャーのいない組織 ――御社の新しい人事制度「Natura」につい …