新歓コンパシーズン、大学生のイッキ飲み・アルハラ防げ

学習・教育
 大学の入学式が終わり、新入生歓迎コンパシーズンを迎える。イッキ飲み防止連絡協議会は「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2018」の実施をスタートした。全国の大学へ要望書とポスター・チラシの配布、啓発グッズの配布などに取り組む。

 「イッキ飲み・アルハラ防止キャンペーン2018」は、アルコールの「イッキ飲み」や「イッキ飲ませ」で若い命が奪われる事件が二度と起こってほしくないという思いから、遺族・予防団体・大学生協・酒類業界が一体となって1993年に開始した取組み。第26回キャンペーンとなる2018年は、全国の大学に要望書とポスター・チラシを配布、啓発ツールの配布、SNSでの情報発信などを実施。Webサイトでも、「大学生の飲酒事故と対策」「飲み会に行く前に知っておきたい基礎知識」などの情報発信を行っている。

急性アルコール中毒を防ぐには

 Webサイトの「大学で実践していただきたい防止対策」によると、アルコールハラスメントの「伝統」は、上級生から下級生へと引き継がれていくという。キャンペーンでは、「さまざまな機会をとらえて、アルコール予防教育や啓発キャンペーンを実施する」「サークル等の幹部・顧問に対して予防研修を実施する(酔った人への介抱の仕方も含めて)」などを強く要望。対策のためのヒントとして、啓発グッズを配布・発売しており、Webサイトから申し込むことができる。<……(中略)…… 非違行為につながりうるとして、大学生活で特に注意するよう、さまざまな機会に注意喚起などを行っているという。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
見守りサービス「Qottaby」福岡市内の小学生を対象に開始

 九州電力の見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」が、福岡県福岡市内の小学生を対象に開 …

学習・教育
受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学3年生、高校3年生の子どもを持つ保護者600名(中 …

学習・教育
【冬休み2019】プログラミング・ドローンなど計9講座「ウィンターラボ」

 LITALICOが運営する年長・小学生から高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづ …