新卒採用の選考過程でインターンシップを必須化、ミスマッチの低減を目指す―サイバーエージェント

資格・スクール

 同社はこれまで、総合職(ビジネスコース)の新卒採用において、面接重視の選考を行っており、本選考前のインターンシップなどは実施していたが、内定者に占めるインターンシップ経験者は4割にとどまっていた。

 2020年卒採用では、3回の面接を経た4次選考として、同社で活躍する社員の元で1~2日間就業する「弟子入り」や、職種別・テーマ別に実施される1~3日間のインターンシップを導入することで、会社と学生の相互理解と就業イメージの醸成を図る。なお、2020年度の新卒総合職は120名の採用を予定しており、4次選考に進む学生は500名程度を見込んでいる。

新卒採用の選考におけるインターンシップの導入イメージ

 同社は、今回の選考過程でのインターンシップの必須化によって、学生とのさらなるミスマッチ低減を図っていく。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

……(中略)…… は、今回の選考過程でのインターンシップの必須化によって、学生とのさらなるミスマッチ低減を図っていく。

関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
『Web Engineer BootCamp』福岡で開講!~シティアスコム×G’s ACADEMY~ 最新のWebアーキテクチャ技術を短期集中で学習し、エンジニアコミュニティと就業機会を提供

株式会社シティアスコム(福岡市、代表取締役社長:藤本 宏文)は、IT関連及びデジタルコンテンツの人材 …

資格・スクール
潤沢な海外フリーランスIT人材の活用は圧倒的な費用対効果をもたらし、リスクもこうして回避できる――FIXER Mohamed Osamnia氏

クラウドソーシングで世界200万人のIT人材を活用できる環境を手に ――FIXERではクラウドソーシ …

資格・スクール
韓国の3大学・教育機関と日本語教育に関する覚書を締結、ITエンジニア採用を強化―ヒューマンリソシア

 覚書を締結したのは、韓国の大眞大学(Daejin University)、鮮文大学校(Sun Mo …