文科省、H30年「宇宙の日」記念作文絵画コンテスト…7/31必着

学習・教育
 9月12日の「宇宙の日」にあわせ、文部科学省、宇宙航空研究開発機構、自然科学研究機構国立天文台、日本科学未来館、リモート・センシング技術センター、日本宇宙フォーラムは小中学生が対象の作文絵画コンテストを実施する。応募締切は平成30年7月31日(必着)。詳細は朝日新聞デジタル内に掲載されている。応募資格は全国の小中学校に在籍している児童生徒。

 応募部門は「作文の部」と「絵画の部」の2部門。テーマは両部門共通で「太陽系探査隊」が設定されている。

 「作文の部」は、400字詰め原稿用紙2~5枚以内の作文を募集する。題名は自由。「絵画の部」は、A2サイズ(420×594mm)以下の用紙を使用して応募する。両部門とも、応募の際には必要事項を記入し、最寄りの応募科学館へ郵送すること。なお、応募作品は未発表のオリジナル作品に限る。

 応募作品は各科学館において最優秀賞、優秀賞、佳作が選定され、各科学館で選ばれた最優秀賞の中から「文部科学大臣賞(グランプリ)」「宇宙政策担当大臣賞(特別賞)」などが決定される予定。なお、「文部科学大臣賞(グランプリ)」「宇宙政策担当大臣賞(特別賞)」は平成30年10月6日から8日に予定されている種子島宇宙センター見学ツアーに招待される。

 応募は平成30年7月31日必着。詳細は文部科学省のWebサイトまたは朝日新聞デジタル……(中略)…… 部応募先:必要事項を記入のうえ、最寄りの応募科学館へ送付すること※作文または絵画のみ受け付ける科学館もある

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
個人指導塾のメリットや向いている子供の特徴

<!– –> 塾の形態には「集団授業」と「個別指導」があります。 …

学習・教育
いじめ、過去最多54万3,933件…8割近くが小学校

 文部科学省は2019年10月17日、「2018年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に …

学習・教育
「第16回 日本e-Learning大賞」、グランプリと4省大臣賞を発表

eラーニングアワードフォーラム運営事務局は17日、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリュ …