数学検定、小5が大学・一般レベルの1級合格…史上最年少

学習・教育
 日本数学検定協会は2018年11月15日、大学・一般程度レベルである「実用数学技能検定(数学検定・算数検定)」の1級に東京都在住の小学5年生、高橋洋翔君(11歳)が最年少で合格したと発表した。1992年に第1回検定を実施して以来、史上最年少記録となる。

 日本数学検定協会は2018年10月28日に第327回実用数学技能検定(数学検定・算数検定)を実施した。団体受検と個人受検のうち、個人受検では2万1,361人が受検。このうち448人が1級に挑戦し、42人が合格した。

 数学検定1級のレベルは大学程度・一般で、年間合格率(2017年度)6.5%の難関。1次の計算技能検定は全7問あり、検定時間は60分。2次の数理技能検定はすべて記述式で、必須問題2題に加え、5題から2題を選択、検定時間は120分。多変数関数などの解析分野、行列や初等整数論などを含む線形代数、相関係数や回帰分析を扱う確率統計、アルゴリズムの基礎など、検定内容は広範囲にわたる。合格基準は、1次は70%程度、2次は60%程度。

 高橋君は、5歳から数学検定を1つの目標に掲げて学習に励み、2014年10月に小学1年生(7歳)で2級(高校2年生程度)、2015年6月に小学2年生(7歳)で準1級(高校3年生程度)に最年少で合格を果たしている。継続的に学習を続けた結果、2016年10月に1級の1次に合格……(中略)…… できました。これからも、その先にある数学を学んで、新しい定理や予想を打ち立てたいです」と抱負を語っている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
オリィ研究所、分身ロボでテレワーク研究に参加するテストパイロットを募集

オリィ研究所は17日、分身ロボットを利用した新たなテレワークでの働き方や外出困難な環境での社会参加の …

学習・教育
教育機関向けインタラクティブ動画パッケージ「TouchSpot for School」を提供

タッチスポットは17日、同社のインタラクティブ動画「TouchSpot」の教育機関向けパッケージ「T …

学習・教育
Libry、ICT活用で教員の働き方改革を求める「政策提言」キャンペーン開始

Libry(リブリー)は17日、「教員の働き方改革のためのICT活用」を求める政策提言キャンペーンを …