教職員らによる体罰は減少、暴言は増加…都内公立学校の実態を調査

学習・教育
 東京都教育委員会は2018年6月28日、平成29年度(2017年度)に発生した都内公立学校における体罰の実態把握について、調査結果を公表した。教職員らによる「体罰」は22人、「不適切な行為」は219人と減少傾向にあるが、「暴言など」は前年度から増えている。

 東京都教育委員会は、体罰の根絶に向けた取組みを行うため、体罰などの実態を的確に把握しようと、都内の全公立学校2,161校の教職員、児童・生徒を対象に調査を実施。299校から558件の報告があった。

 報告された内容は、「体罰」22人、「不適切な行為」219人、「指導の範囲内」161人。「体罰」は、前年度の34人から12人に減り、調査を開始した平成24年度(2012年度)の182人から約8分の1に減少した。

 体罰の行為者は「教職員」21人、「外部指導員など」1人。体罰の場面は、「授業などの教育活動中」16人、「部活動中」6人。体罰を受けた場所は、「教室・職員室」8人、「校庭・体育館」6人、「生徒指導室・廊下など」1人、「そのほか(校外部活動を含む)」7人。

 体罰に対する認識は、「感情的になってしまった」10人、「言葉でくり返し言っても伝えられなかった」7人、「体罰と思っていなかった」5人。体罰の原因は、前年度12人ともっとも多かった「態度が悪い」は1人に減少。「指示に従わない」8人、……(中略)……

 なお、調査結果は学校名や事案の概要なども公表しており、東京都のWebサイトから閲覧できる。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
年長から高校生まで、LITALICOのプログラミング・ロボット製作講座12/15-1/14

 LITALICOが運営する年長・小学生~高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT・ものづく …

学習・教育
芝浦工大、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞など受賞

芝浦工業大学は15日、同大の月面探査ローバ開発チームが、「第26回衛星設計コンテスト」でアイデア大賞 …

学習・教育
問題児こそが輝ける社会に…既存の学校を覆す「Loohcs」2019年4月開校

 Loohcsは2018年11月14日、2019年4月に「Loohcs(ルークス高等学院)」を開校す …