教師全員で生徒の学び直しを支え、学習習慣の定着につなげる/札幌山の手高校

学習・教育

札幌山の手高等学校(札幌市西区)は、学び直しのデジタル教材として2017年度から「すらら」を導入した。生徒たちの学び直しを全面的にサポートするために、全教員がすららの運用に関わる体制を築き、学習習慣の定着につなげている。その結果、英検の合格率が向上。生徒たちの学習意欲も高まっている。

好みが影響しないアニメーション教材 は、垣根を下げて始められる

札幌山の手高等学校 西岡 憲廣校長

札幌山の手高等学校は、一人ひとりの個性と能力を伸ばす教育に重きを置く私立共学校だ。部活動に熱心な生徒が多く集まり、全国レベルの選手も多い。一方で、難関大学合格をめざす生徒もいるなど、学業とスポーツの両方に力を入れる。同校では「特別進学」「進学」「体育」「総合」と4つのコースを設けて、それぞれの自己実現に向けたサポート体制を築いている。

西岡 憲廣校長は同校が抱える課題について、「本校には、部活動をがんばりたい、特進コースの少人数教育を受けたいなど、さまざまな要望を持つ生徒が入学してきます。そうした中で、生徒間の学力差が課題となり、学び直しを通じて基礎学力の向上を図りたいと考えていました。苦手なことで劣等感を感じてほしくないと思っています」と語る。

……(中略)…… la.jp/" target="_blank" rel="noopener noreferrer">すらら

記事の全文を見る⇒(ICT教育ニュース)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
学校の消毒、次亜塩素酸水の噴霧器「使わないで」

 文部科学省は2020年6月4日、学校における消毒方法などについて、全国の教育委員会などに通知した。 …

学習・教育
工学院大、Webオープンキャンパス 2020を開催 14日に特別コンテンツを公開

工学院大学は4日、6月のオープンキャンパスをWebで開催すると発表した。 同大学への入学を目指す受験 …

学習・教育
進研ゼミ「実力診断テスト」10万人突破…申込率1位は埼玉

 ベネッセコーポレーションの進研ゼミは、自宅でも受験できる「実力診断テスト」を2020年5月20日よ …