改善が必要な場所、1位「学校のトイレ」…健康に悪影響も

学習・教育
 公立小中学校教職員が児童生徒のために施設改善が必要と考える場所は「トイレ」が65%ともっとも多く、2009年51%、2015年59%と、年々改善ニーズも拡大していることが2019年6月24日、学校のトイレ研究会の調査結果から明らかになった。

 学校のトイレ研究会は、TOTOなどトイレ関連6社による研究活動組織。学校でトイレに行くことに抵抗があり、排便を我慢する児童生徒が存在することから、学校トイレ5K(臭い・汚い・怖い・暗い・壊れている)を払拭し、清潔で快適な学校トイレの実現を目指し、調査・啓発を行っている。

 学校のトイレ研究会が全国公立小中学校2,000校の教職員(回答数222)を対象に実施した「2018年度全国公立小中学校アンケート調査」によると、学校で児童生徒のために施設改善が必要と思われる場所は、1位「トイレ」65%、2位「パソコン・電子黒板」40%、3位「省エネ型空調機への更新」32%。

 トイレの改善要求は、過去の同様の調査でも1位となっているが、2009年51%、2015年59%、2018年65%と年々上昇傾向にある。学校のトイレ研究会では「改善が老朽化のスピードに追いついていない実態が浮き彫りに」なったと分析している。

 一方、日本小児栄養消化器肝臓学会出席医師に「子どもたちが学校でトイレに行くことを我慢することは、健康……(中略)…… 、2019年6月14日発行の学校のトイレ研究会の研究誌22号「学校トイレの挑戦!2019」に掲載している。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進 …

学習・教育
日本IMS協会、教育DXテーマに「IMS Japan Conference 2019」東京・大阪で開催

日本IMS協会は、教育のデジタルトランスフォーメーション(DX)をテーマに、24日~26日に東京と大 …

学習・教育
全国統一中学生テスト11/4、学年に合わせた3部門で実施

 東進は2019年11月4日、中学1~3年生を対象とした「全国統一中学生テスト」を開催する。受験学年 …