愛知県、小中学生作文コンクール…テーマは多文化共生

学習・教育
 愛知県は外国人と日本人との相互理解の促進を図るため、平成30年度「あいち多文化共生作文コンクール」の作品を募集する。応募資格は愛知県内に在住または在学する小中学生。「みんなでつくる多文化共生社会」をテーマに、作文を持参か郵送のうえ提出すること。

 400字詰め原稿用紙に、日本語で作文すること。作文枚数は、小学生は2~3枚、中学生は3~5枚。作文の題名は自由につけて構わない。

 応募期間は平成30年7月2日から9月14日まで。愛知県多文化共生推進室まで持参する場合は9月14日午後5時まで、郵送する場合は9月14日までの消印有効。小学生の部1点、中学生の部1点を優秀賞として表彰し、佳作を5点選出する。副賞は、優秀賞が図書カード5,000円分、佳作が図書カード2,000円分。

 入賞者へは、11月上旬までに所属学校などを通じて通知する。入賞者は、11月に名古屋市内で開催予定の「多文化共生フォーラムあいち2018」で表彰する予定。詳細は愛知県Webサイトで確認できる。

◆平成30年度「あいち多文化共生作文コンクール」
作文のテーマ:「みんなでつくる多文化共生社会」題名は自由
募集作品:400字詰め原稿用紙に小学生は2~3枚、中学生は3~5枚
作文言語:日本語
応募方法:作品の本文の前に、題名・学校名・学年・氏……(中略)…… 0年7月2日(月)~9月14日(金)※持参の場合は9月14日(金)17:00まで、郵送の場合は当日消印有効

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
見守りサービス「Qottaby」福岡市内の小学生を対象に開始

 九州電力の見守りサービス「Qottaby(キューオッタバイ)」が、福岡県福岡市内の小学生を対象に開 …

学習・教育
受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学3年生、高校3年生の子どもを持つ保護者600名(中 …

学習・教育
【冬休み2019】プログラミング・ドローンなど計9講座「ウィンターラボ」

 LITALICOが運営する年長・小学生から高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづ …