従業員の不満足要因を可視化して離職を防止するサービス「ハイジ」をリリース―OKAN

資格・スクール

 「ハイジーンファクター」とは、米国の臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグが提唱した「二要因理論」にある、仕事への不満足を誘引する要因のこと。満足を誘引する要因「モチベーター」と対をなす。ハイジーンファクターとなるのは、自身の健康状態、家庭との両立、同僚との関係、職場環境などで、それらが失われると仕事に対する不満足度が高まり、離職にもつながる。厚生労働省の調査「平成28年雇用動向調査結果の概況 転職入職者が前職を辞めた理由別割合」(PDF)では、ハイジーンファクターが離職理由の約8割になっているという。

ハイジーンファクターが離職理由の約8割
[画像クリックで拡大表示]

 「ハイジ」は、このハイジーンファクターに特化した調査・分析サービス。従業員にアンケートとして「職場推奨度」に関する1問(他者に自社をどの程度勧められるかを10段階で回答)と、ハイジーンファクターに関する48問を回答してもらい、その結果から従業員の状態を分析・可視化する。ハイジーンファクターは「チームワーク」「社内の雰囲気」など12要素に分類して点数化する。分析結果は部署や年齢といった区分で比較でき、企業における改善するべき問題の原因とその優先順位を明らかにできる。アンケートの所要時間は10分程度。実施は月に1度が目安。

ハイジでは従業員の状態を12要……(中略)…… た」と述べた。

OKAN 代表取締役CEOの沢木恵太氏(左)と、同 ハイジ事業責任者 岡本達矢氏(右)関連リンク

記事の全文を見る⇒(IT人材ラボ)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
資格・スクール
ミラティブ新CHROが明かす! スタートアップ企業における「組織人事の罠」と事業成長に必要なその環境

組織人事の罠とは  第1部の鈴木氏による講演では伝えたい8つの「組織人事 …

資格・スクール
RPAのシナリオ開発は56%が利用部門で実施、76%が「人材育成が難しい」と回答―ヒューマンリソシア

 同調査は2019年8月6日~12月17日に、同社のRPAシナリオ作成技術者養成研修に参加した法人担 …

資格・スクール
多様性の高いチームは業務・人間関係ともに良好という一方、心身の疲れも―リクルートマネジメントソリューションズ

 同調査では、日本企業のチームにおける多様性経験の実態を明らかにしつつ、多様性のあるチームをうまくマ …