広がる「地方留学」とは?経験者4人中3人が成長実感

学習・教育
 日本財団は2018年6月20日、地域の高校に入学する「地方留学」の全国調査実態調査の結果を発表した。「地方留学」を経験した生徒の4人に3人が、総合的な成長を実感。また、都市部在住生徒の約4割が「地方留学」に関心を有していた。

 2018年6月15日に閣議決定された「まち・ひと・しごと創生基本方針2018」では、地方への新しい人の流れをつくるための施策として、「地方の高等学校等への地域外就学等の促進」を掲げている。日本財団によると、施策は高校進学段階において親元を離れ、それまで居住していた都道府県外の公立校へ進学する「地方留学」という進路選択の形として広がりつつあるという。

地域留学とは

 地域留学とは、都道府県の枠を越え、地域の学校に入学し、高校3年間を過ごす公立高校進学の進路選択肢。1学年の生徒数は30人から150人で、少人数教育を採る。Webサイトによると、寮費は食費込みで1万円~6万円程度。自然豊かな環境で、学校だけでなく地域住民とのコミュニケーションを通じた学習環境に身をおけるという。地域・教育魅力化プラットフォームでは、地方留学を「地域みらい留学」として名付け、高校や教育委員会といった関係者間のプラットフォーム化に取り組んでいる。

地方留学の推進に関する調査研究…認知や効果

 「地方留学の推進に関する調査……(中略)…… 域・実施校における関係者との協力体制の強化など、地方留学推進の好循環を生み出すことを求められると分析した。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
どこでも走れるプログラミングロボ教材「Sphero RVR」

 教育ロボットの開発を手掛ける米Sphreo(スフィロ)によるプログラミング教材「Sphero RV …

学習・教育
凸版印刷、遠隔校外学習サービス「IoA学園」20日から提供開始

凸版印刷は、小中高校の校外学習向けに、学校と遠隔地を4K映像と5Gを見据えた通信でつなぐ遠隔校外学習 …

学習・教育
LINEと宮城県共同開発教材「情報活用ノート」中学校編公開

 LINEと宮城県教育委員会および仙台市教育委員会は2019年11月15日、共同開発した情報活用能力 …