少子化に向けた学校教育モデル、11市区町村の事例を掲載

学習・教育
 文部科学省は2019年9月18日、2017年度「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進事業」取組モデルを公表。ICT活用を通じて教育の高度化を推進した例やコミュニティ・スクール導入により統合に係る諸課題を解決した例など、11市区町村の事例を掲載している。

 文部科学省は2015年度から、「少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進事業」により、学校統合による魅力ある学校づくりのモデルや、地理的な要因等により学校統合が困難な地域等において小規模校のメリットを最大化し、デメリットを最小化させるためのモデルを創出する調査研究を行ってきた。今回公表されたモデルは、2017年度に3年間の事業を終えた教育委員会の取組みをまとめたもの。それぞれの事例について、研究課題、調査研究対象校の状況、取り組んだ内容、研究の成果と今後の取組み、学校の統合に課題を抱える自治体へのメッセージなどを閲覧できる。

 統合困難な地域における教育環境の充実の取組モデルは、徳島県阿南市、岐阜県白川町、岐阜県安八町、長野県伊那市、山梨県甲州市、茨城県牛久市、北海道占冠村の取組みを掲載。統合による魅力ある学校づくり取組モデルには、岡山県真庭市、長野県岡谷市、山梨県山梨市、東京都練馬区を掲載している。

 たとえば、長野県伊那市では、小規模校におけるデジタル教材の開発・活用と学……(中略)…… りに取り組む際に積極的に参照してほしいという。取組モデルの資料は、文部科学省Webサイトに掲載されている。

記事の全文を見る⇒(リセマム)

「本気でプログラミング・スキルを習得させること」を追求した“Webスキルのパーソナルジム”【WebCamp】
プログラミング学習において、「継続」は大事な要素の一つです。継続さえしていれば必ず…
受かる人は、ひとりで勉強する?資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」
予備試験や司法書士試験などの難関試験ではゼミや予備校を活用して勉強をする方の割合が…
小学校のプログラミングが必修になるって本当?ヒューマンキッズサイエンス「ロボット教室」
2020年から小学校でプログラミング教育が必修になります。文部科学省は、早期からコンピュータに触れることを通じて…
学習・教育
学校の消毒、次亜塩素酸水の噴霧器「使わないで」

 文部科学省は2020年6月4日、学校における消毒方法などについて、全国の教育委員会などに通知した。 …

学習・教育
工学院大、Webオープンキャンパス 2020を開催 14日に特別コンテンツを公開

工学院大学は4日、6月のオープンキャンパスをWebで開催すると発表した。 同大学への入学を目指す受験 …

学習・教育
進研ゼミ「実力診断テスト」10万人突破…申込率1位は埼玉

 ベネッセコーポレーションの進研ゼミは、自宅でも受験できる「実力診断テスト」を2020年5月20日よ …